LINEとFacebook両対応のステップ配信ツール
オートSNSフリー4000

【2020年3月18日】Facebook Messenger Botを再開しました。

 

改定点

 

1:アカウント設定マニュアル&審査マニュアルを公開し、Facebook Messenger Botを構築完了まで一通りの設定ができるようになりました。

 

2:Facebookのフィード広告(1クリック400円程度~)で、「Mesenger誘導広告」を出し、Messenger Botに誘導できます。顧客が[スタート]ボタンを押すか、Botに話しかければ、トーク画面(フォロー)が確立します。

※トークの成立確率目標50%。仮に1クリック400円なら1フォロワーあたり800円で獲得)。

※クリック単価は商材や広告方法によって変動します。

 

3:Facebookの機能改定により、プッシュ通知(ステップメッセージ配信)ができるのは、顧客が、トークの確立や、メッセージ返信、ボタン押下等を含む何らかのアクションをかけてから24時間以内です。この間に、適切な返信・プッシュ通知を送ることで、最初のコンテンツ(15分未満推奨)を見せたり、自社のメールマガジンやLINEマガジンに登録の誘導が可能です。

 

 

Messenger Botは、今最も熱い広告運用手法の一つです。詳細は、下記をご覧ください。

 

 

■1リスト300円で1ヶ月で3,000リスト取れた実践の話

広告文の作り方・運用方法ヒント


Facebook Messenger Bot✕Facebookフィード広告
広告文の作り方・運用方法ヒント[PDF]

※マニュアル中で、スマホの広告が7行目を超えたものが「続きを見る...」で折りたたまれていますが、その後の仕様変更により3行目を超えたものが折りたたまれるようになりました(PDF修正作業中)。

※マニュアルの事例は2018年8月です。クリック単価150円、トークの成立確率約50%。2020年現在、クリック単価は体感で2倍強になりました。仮に1クリック400円(Messenger Botに顧客が移動した後のトークの成立確立50%)なら1フォロワーあたり800円~で獲得というのが現在における期待値です。

 

■Facebook Messenger Botを構築しフィード広告を出す方法

※3:15~3:46の1フォロワーあたり307円で獲得した[実績画像はこちら]

 

■オートSNSフリー4000を用いたFacebook Messenger Botのサンプルアカウント

Facebook Messengerアカウントがある方なら誰でも、[スタート]ボタンを押すことでプッシュ通知を受け取ることができます。

メッセンジャーボット24時間制限対策済

サンプルBotアカウント

↓↓↓下記をクリック&[スタート]ボタン押下で
Facebook Messengerのデモを開始

(フォロー後24時間配信のためテストは1回限り・24時間経過後は自動応答のみ)↓↓↓

Facebook Messengerでプッシュ通知を受け取るデモ
アカウント(元ドクターシーラボ社長の上場秘話配信Bot)

※本番運用しているアカウントのため、メール登録を行って案内を受け取り続けることで最終的に商品が案内されることがあります。

※このアカウントは、フォロー後24時間以内に「15分動画を見せる」→「本編映像以降を配信&セールスを行うために、LINE登録、またはメールアドレス登録」させることを目指しています。

 

 

■クリック課金型のオンライン広告(Google、Yahoo!、Facebook)は、2026年に終わりを迎えると言える明確な理由

※Facebookフィード広告×Messenger Botの組み合わせは2031年まで。

動画の目次
●0:20~ プロダクトライフサイクル(PLC)理論とiPhoneの終わり
●2:01~ オンライン広告の未来
●3:46~ これからのオンラインマーケティング

 

■Facebook Messenger Botで利益を出せるのは2031年まで

Facebookのクリック単価(比較的安め)は、

※Facebook Messenger Botのライフサイクルの場合

[導入期]2015年:70円(実績値)
2018年:150円(実績値)
[成長期]2019年:300円(想像)
2020年:400円(実績値)
[成熟期(ピーク)]2023年:1,000円(予想)
[衰退期]2027年:2,000円(予想)
[終わり]2031年:4,000円(予想)

になり、フォロー単価はこの2倍だと思ってください(2020年で安めなら800円~)。

また、ピークは2023年とあり、Messenger Botはまだまだ成長期で、「やり方は確立していないが、確立できれば堅実な利益が出る」時代です。

LPの場合、登録率(高め)は10%~で、4,000円~です。

つまり、フォロワー獲得からリスト転換まで20%(高め)なら4,000円~となり、LPからの場合と同じですが、コンテンツを温めた分だけ反応率が例えば3倍になっており、実質的なリスト価値は12,000円以上あることになります。

更に、フォロワー獲得からリスト転換まで数%あれば、直接LPをFacebookフィード広告に入稿するよりもやる価値があったと言えると思います。

 

■検索エンジン連動型広告で利益を出せるのは2026年まで

Google等のクリック単価(安め)は、クリックからの登録率を2%とした場合、

※Google検索エンジン連動型広告のライフサイクルの場合

[導入期]2004年:10円(実績値。リスト単価500円~)
[成長期]2009年:30円(実績値。リスト単価1,500円)
[成熟期(ピーク)]2015年:100円(実績値。リスト単価5,000円)
[衰退期]2020年:200~300円(実績値。リスト単価10,000円~15,000円)
[終わり]2026年:400~1,000円(予想。リスト単価15,000~50,000円)

となり、2026年に終焉を迎えることと予想されます(リスト単価は業界により異なります)。

また、検索エンジン連動型広告のピークは2015年頃で、今は衰退期の始まりですから、過当競争に陥っています。

Facebookフィードに広告を出し、直接Messengerに誘導する今回のFacebook Messenger Botは、動画で言うところの「出張所型」マーケティングの新しい手法の一つと言えるでしょう。

※出張所型マーケティングの意味は上記の動画をご覧ください※

 

■当ツールの特徴について

【従来のツールの問題点】

●Bot構築の難易度が高い(実質代理店を通さないと設定不可能)

●プッシュ通知の自動送信が実質不可能

●代理店の商品理解度が低く、Messenger誘導後のメールアドレス/資料請求/LINE登録への転換率が悪い

【当ツールが解決した問題】

●Bot構築の作業時間が短い(簡単にステップ配信が構築でき、Bot的応答も可能)

●Bot的な反応の他、プッシュ通知の自動送信が可能

●商品理解度が高いあなた自身が設定することで、24時間という時間制限がある中でも積極的にトーク成立からのメールアドレス/資料請求/LINE登録を誘導し、転換率20%以上を狙える。

 

■Facebookのステップ配信をご利用いただけるプランについて

Facebookのステップ配信は、ゴールドプラン以上でご利用いただけます。


■無料アカウント作成はこちらから!

[ 無料アカウント作成 ]

■料金表をログインせずに見る

[ 料金表を見る ]

■ログインしている方はこちらから!

[ 料金表 ] 有料版を契約する ]

Facebookアカウント設定ページ ]